田沢湖温泉の歴史


田沢湖周辺にはいくつかの温泉郷が存在し、田沢湖高原温泉郷と  水沢温泉郷は田沢湖を見下ろす標高約1600mの秋田駒ケ岳に広がる  高原の温泉である。

 日本一の深さと、高い透明度を誇ることで知られている田沢湖だが、  実は、明治時代までは秋田藩内でも駒ケ岳山麓にこのような湖が  あることを知る人はいなかった。

 明治の後期になってからようやく、田沢湖が日本一の深さである  ことが判明し、認知されるようになった。
 
 田沢湖が有名になると同時に、  明治22年(1889)には、田沢湖温泉水沢温泉郷の源泉が発見された。  そして、本格的な温泉施設ができたのは昭和10年であった。

 昭和に入ると、田沢湖高原温泉郷は国民保養温泉地に指定され、  大型のホテルや旅館が建ち並ぶ保養と観光の代表的な温泉街と  なっている。



関連記事

  1. 田沢湖温泉の所在地
  2. 田沢湖温泉のおすすめポイント

TOPPAGE  TOP